【脳疲労回復サプリはコレだ】効果の期待できる脳疲労解消方法特集

脳疲労を回復するサプリはコレだ

年を重ねると身体的な疲労だけでなく、脳にも疲労が溜まっていきます。脳に蓄積した疲労を放っておくと、状況判断の低下や身体的に疲労を感じる原因となるため、日頃のケアが必要です。

 

ついつい体の疲労ばかりに目がいきがちですが、脳の疲労も取り去ってあげましょう。当サイトが紹介しているサプリメントは脳疲労回復に最適な成分を配合したものばかりなので、ぜひ参考にしてください。

きなり 脳疲労・スッキリ

脳疲労・スッキリに良いDHA&EPA高含有!
脳血流改善にDHA&EPA!
●血液サラサラにナットウキナーゼ
●サビない体をサポートするアスタキサンチン
●クリルオイルが吸収率を高め実感力を上げる!

おすすめ度 コスパ
1日あたり約66円

 

健康家族 イチョウリーフ 頭の回転サポート

●脳のダメージに最適な5つの成分を配合
頭のもやっと、脳の疲れにおすすめイチョウ葉エキス
記憶力向上、集中力アップに欠かせないDHA
●脳のスッキリを実感できる!
●1日1粒だけの体に負担の少ないサプリメント

おすすめ度 コスパ
1日あたり約59円

 

●年齢に負けない!元気成分イミダペプチド配合
●各局人気番組で絶賛紹介されました!
●溜まった疲労やダメージ、消耗から守る
●飲みやすいソフトカプセルタイプ
●今だけお試し980円

おすすめ度 コスパ
1日あたり約140円

 

そもそも脳疲労って?

 

周知の事実として、脳は生きている限り休みなく動き続けています。どんな時も脳は活動し続け、そして人間は絶え間なく何かを考え続けることとなります。

 

この重要で人間らしさを形成している脳は、当然ながら加齢によりその機能を緩やかに低下させていきます。例えば毎日変わらぬ仕事をしていても、脳の機能の低下によりあるときから脳の処理が追いつかなくなって仕事に支障が生じたり、その結果強い疲れを感じたりします。

 

これが脳疲労であり、このように原因がはっきりしていて疲労が自覚できているうちは軽度の脳疲労と言えます。

 

ところが、前述の通り人間は生きている限り仕事だけでなく生活の場においても、好きな趣味に興じている時でさえも脳は活動しており、脳の機能が低下し始めるとこれらの活動全てが以前のペースでこなすことができなくなり、あらゆることでストレスを感じ始め、最終的には疲れていることさえ自覚できなくなります。

 

脳機能の低下は加齢によって誰にでも起こることであり、決して避けることができません。この事実を受け入れ、自分の脳機能に合った生活を営むことが脳疲労の悪循環を避ける唯一の手立てだと言えるでしょう。

 

脳の疲れをしっかりと自覚し、受け入れる

 

脳疲労はストレスを生み、ストレスを受けることがさらなる脳疲労を生むという悪循環を発生させます。

 

脳の機能は衰えるのが当然ですから、脳の活動によって生じた疲れを単なる疲れとして軽視せず、受け入れなければなりません。今までやれたのだから、疲れたなんて甘えだ、などという態度で接しては脳疲労が悪化するばかりです。

 

脳疲労を回復するために

 

脳疲労のそもそもの根本的原因は主に老化による脳機能の低下がほとんどです。これは当然ながら避けることは絶対にできません。ですから、問題はそれをどう受け入れ、脳に過負荷がかからないようにしていくかという対処法です。

 

脳疲労はどんな人でもかかる可能性はありますが、特に自分はそんなもの関係ない、気合さえあれば脳の疲労なんて何とかなるなどという精神論を振り回す人や、自分は何歳まででも若いものには負けずにやっていけるといったプライドや自己評価の高い人がかかるリスクの高いものだと言えます。

 

脳機能の低下を受け入れられずに、若い頃にこなしていた作業と同じことを年老いてからも行おうとすれば当然、過負荷がかかり脳疲労が起こります。

 

このとき発生するストレスがさらに脳の機能を一時的に低下させ、そのため同じ作業でもさらなるストレスを呼ぶようになり、この悪循環にはまってボロボロになるまでストレスを受け続けるのが脳疲労なのです。

 

脳の悲鳴に耳を傾ける

 

もう一度言いますが、脳機能とは衰えるものですので、それに逆らってもしかたありません。余計な意地を張らずに、自分にできる作業を行っていくことが重要です。

 

そのため、自分の脳の機能に対して、自分が正当な評価を持ち、そして脳の疲れを自分で敏感に察知することが必要となってきます。

 

脳が悲鳴をあげたら、すぐに脳を休ませてやる、可能ならば作業のペースを落としたり作業量や難易度を落とす、ということが身の丈に合った作業を行うということであり、ひいては自分だけでなく周りのためにもなることではないでしょうか。

 

脳疲労に良いサプリはどんな成分?

 

脳は使えば使うほどよいと言われているものの、当然疲労することもあります。このようなときには、どのような成分が含まれているサプリメントがよいのでしょうか。

 

体全体の疲労回復によいDHA

 

青魚に多く含まれていると言われているDHAですが、脳疲労のサプリメントにもよく使用されている成分です。DHAは脳の疲労を回復させるだけではなく、体全体の疲労を回復させる効果があります。

 

血行不良の改善やだるさの改善効果も期待できるので、普段から適量摂取することを心がけておくべきでしょう。定期接種が難しいのであれば、サプリメントで補えばカバーできます。

 

記憶力の向上にもよいイチョウの葉エキス

 

よくサプリメントに含まれているのがイチョウの葉エキスですが、イチョウの葉エキスも脳疲労によいと言われています。しかも記憶力の向上効果や、血流をよくする働きも見込めるでしょう。

 

アルツハイマー症候群やうつ病の予防効果もあると言われています。精神的に参っていると感じたときには、イチョウの葉エキスを使ったサプリメントがおすすめです。

 

自律神経の劣化を防ぐイミダペプチド

 

イミダペプチドという成分も脳疲労には効果的と言われていますが、主に鶏肉に多く含まれています。しかも自律神経の劣化を防ぎ、認知症の予防にも効果的だと言われているのです。

 

脳の疲労も効果的に回復する作用があるので、かなり注目されている成分だと言えるでしょう。体のだるさや重いという症状の改善にもよいと言われています。

 

脳疲労解消に効果のあるマッサージ

 

脳疲労は血流の悪さも関係しています。そこで血流改善のためのマッサージをすることで、脳疲労を解消することができるのです。

 

入浴をして体をリラックスさせる

 

マッサージというのは、いつ行ってもよいというわけではありません。特に脳疲労を回復させるためには、体全体がリラックスしている必要があるのです。

 

そのため、まずは風呂に入っておくのがよいでしょう。風呂に入ることでリラックスできるだけではなく、血行をよくすることもできるのです。

 

左脳を休ませて右脳を活性化させる

 

脳には右脳と左脳が存在しています。まずは左脳を休ませるために10分から15分ぐらい昼寝をして、その後に自分の楽しいことを行います。そうすることで副交感神経が優位になるように切り替えるのです。

 

昼寝をすることで脳への刺激を遮断し、左脳を休ませることができます。しかも血行がよくなっていれば、脳疲労に効果的なヘッドマッサージの効果も倍増するでしょう。

 

効果的なヘッドマッサージ

 

脳疲労に効果的なマッサージは、やはりヘッドマッサージでしょう。体がリラックスし、副交感神経が優位になっている状態になったら、自律神経のツボを押します。

 

脳には多数のツボがあり、どこを押しても効果的と言われています。そんな中でもこめかみの位置にある太陽というツボ、目の両端から上に行き、髪の毛の生え際あたりにある頭維というツボ、頭のてっぺんにある百会という3つのツボが効果的です。

 

血流が悪いと脳疲労は解消しない!

 

血流が悪化することで、体全体に悪影響が出てしまいます。もちろん脳の疲労も回復することはできないので、まずは血流をよくすることが重要です。

 

血流が悪いと認知力が低下する

 

血流が悪くなると、ヘッドマッサージや脳疲労に効果的な成分のサプリメントを摂取しても、効果は今一つになるでしょう。そのため、第一の対策は血流をよくすることです。

 

血流の悪化は認知力の低下を招いてしまうので、血流をよくする方法を試してみましょう。脳の重さというのは体の2パーセントなのですが、酵素の20パーセントは脳の働きに使われているのです。よって脳に酵素が行き渡らせるためには、血流の改善が必要になります。

 

運動が効果的

 

血流をよくする方法の1つとしては、軽い運動がよいでしょう。運動をすることで体全体に血液が行き渡りやすくなるので、とても重要なことなのです。

 

ただし、いきなり激しい運動をするのはよくありません。自分の体力に合った適切な運動を心がけましょう。運動以外にも風呂などで体を温めると、血流がよくなって脳疲労の改善に効果を発揮します。

 

血流が悪いと脳疲労が回復しない理由

 

人間にとって血液は車のガソリンと同じです。車もガソリンがないと全く走れないように、人間も血液が循環していないと生きていくことができません。

 

脳を含む全ての臓器が血液によって動作しているため、循環が悪くなれば臓器の働きが鈍くなります。臓器の働きが鈍くなると疲労が溜まり、病気の原因になってしまうのです。