脳疲労にはアミノ酸

脳疲労にはアミノ酸

脳疲労の解消のため積極的に摂取すべき栄養素にアミノ酸があります。脳というのは非常に多くの神経細胞によって成り立っており、この神経細胞同士が情報をやりとりするために使うのがアミノ酸を始めとする神経伝達物質なのです。

 

脳疲労は脳機能が落ちたことにより発生しますが、より具体的にはこの神経細胞同士の情報のやりとりの能力が低下していると言うことができます。

 

そこで神経伝達物質であるアミノ酸をしっかりと摂ることでこの機能低下をカバーし、脳機能を向上させることが重要なのです。

 

消化に難のあるアミノ酸

 

しかしながら、アミノ酸を多少多くとったところで劇的な効果は見込めません。アミノ酸は人体の吸収の仕組み上、取り込まれるスピードは非常にゆっくりで時間がかかります。

 

というのも、アミノ酸は吸収される際に腸壁を通過するのですが、これがなんとアミノ酸1個ずつしか壁を通過できないのです。これでは即効性はおろか、現実的に効果を実感することさえ難しいと言わざるを得ません。

 

アミノ酸より吸収の早い大豆ペプチド

 

そこでアミノ酸の代わりとして勧められるのが大豆ペプチドです。大豆ペプチドはアミノ酸が複数個連なったものであり、まとめて吸収されるため一度により多くのアミノ酸を吸収することができます。

 

大豆ペプチドはタンパク質の分解過程で発生するほか、大豆ペプチドそのものを含有する清涼飲料水やサプリメントも数多くありますので、特に脳疲労を自覚されている方にはおすすめしたいものです。