脳疲労の治療法

脳疲労の治療法

脳の疲労自体は限度をこさなければ若いうちから誰もが経験するもので、いわゆる「知恵熱が出る」というのも脳疲労に対する表現ですね。

 

しかしながらこれが許容範囲を超えると脳疲労と言われるようになります。

 

脳疲労を治療するにあたって、過剰な疲労を避け疲れを貯めること自体を避ける方法と、既にたまった脳疲労をきちんと回復させるという方法がありますが、脳疲労のケアは重要とは言え基本的には過剰な脳への負担は避けるべきです。そのためには、本人が自分の脳への正しい評価を行うことが必要不可欠なのです。

 

過剰な脳負荷は脳の老化を自覚しないことに起因する

 

体と同じく、脳だっていつまでも若いわけではありません。人間の脳は20歳頃をピークに衰えていく一方です。そのため、当然ながら若い頃はできていたのにできなくなった、というようなこともでてくるでしょう。

 

これは自然なことで、これを受け入れなければなりません。受け入れずに若い頃と同じ作業を行おうとすれば、それは継続的かつ過剰な脳負荷となり、脳疲労を引き起こします。

 

自分はまだ若いと意地を張れば張るほど、脳負荷による脳疲労が引き起こされる上に「若い頃と同じことができない」という現実をまざまざと実感させられることによる心理的ストレスが重なり、精神症状を伴った重い脳疲労となりがちです。

 

自分の脳に対して、正しい評価を持つことが何よりも重要です。加齢による能力の低下は特別なことじゃない、と受け入れることが脳疲労の悪循環から抜け出す一歩なのです。