脳疲労の原因

脳疲労の原因

脳疲労はどうしても精神的な問題と結びつけて考えられがちで、脳疲労の原因がうつやその他精神的な問題にあると考える人もいます。

 

しかし、実際にはそれは逆で、脳疲労によるストレスや周りとの問題によって精神的な問題が引き起こされるのです。そして生じた精神的な問題は脳疲労を悪化させるという悪循環に陥るため、元に精神的要因があり、結果として脳疲労が生じたと誤解されがちなのです。

 

脳疲労の多くは脳のエネルギー不足や脳の血流量の低下など、脳の器質的な問題がベースとなっています。したがって、根本的な解決を目指すならば脳の器質的な問題の解決は不可避です。

 

脳機能の低下が脳疲労を生む

 

脳の機能は当然ながら、歳を取るに連れて衰えていきます。そのため年齢に応じた脳負荷を与えることが重要なのですが、残念ながら一般社会においてそのような配慮がされる余裕はなく、結果として若い頃との脳の処理速度の低下や、考えのまとまらなさなどを強く実感することとなり、疲れとストレスを感じます。

 

これが脳疲労の始まりで、ここで解決しておけばそれ以上に悪化することはないのですが、この脳疲労をしっかりと把握せずに努力でカバーしようとしたり、頭にさらに無理な負担をかけたりするとストレスが限度を超え様々な精神症状を引き起こすこととなります。

 

前述の通り、脳の機能低下は歳を取る限り避けられないものですから、これをしっかりと把握し、脳の衰えを受け入れ、無理せずにできる範囲で仕事なり作業なりを行うことが重要なのです。