脳疲労を緩和する食事

脳疲労を緩和する食事

脳疲労を和らげるための食事としては、肉体の疲労を和らげるのと同じアプローチを取れることが多くあります。まず、肉体疲労の解消やエネルギー代謝を促進するビタミンB群、特にビタミンB1は脳の疲れにも有効です。

 

ビタミンB群が促進するエネルギー代謝のうち、糖分の代謝が脳のエネルギー供給のため非常に重要な役割を果たします。

 

脳にエネルギーを供給するたびにビタミンB群は必要となるのですが、ビタミンB群は水溶性ビタミンであり、摂り溜めができません。

 

余った分は水に溶け、尿として排出されてしまうため、こまめに補給する必要があります。ビタミンB群が豊富な食材としては何と言っても豚肉ですが、意外に取りづらい栄養素であるのでサプリメントを利用するのも賢い方法でしょう。

 

また、アミノ酸やアミノ酸が連なった形をしているペプチド、そしてカルシウムなどはいずれも脳の神経細胞の情報伝達に関わる成分です。アミノ酸やペプチドは神経伝達物質そのもので、カルシウムは神経伝達物質を動かすために必要です。

 

カルシウムによって神経伝達物質にスイッチを入れ、実際に神経の伝達を行うことをカルシウムシグナリングと言い、脳内の情報伝達においてカルシウムが非常に重要な役割を担っていることが伺えます。

 

カルシウムは必須ミネラル群の中でも特に不足しがちであり、日本の平均摂取量は必要量に達していませんので、食事で十分取るよう配慮するか、あるいは脳疲労回復サプリを用いることになるでしょう。